ベルブランの使い方一覧

ベルブランは化粧水を使わないと効果なし?

ベルブランはブースター型美容液といわれる種類で、通常の化粧品の使い方と異なるのが特徴です。

化粧水を併用しなければ効果がないかもしれませんよ?

 

ベルブランを使うなら化粧水が必須な理由

ベルブランを使うなら化粧水を使うことをオススメします。

  • 化粧水を併用しても大丈夫なの?

と思われる方も多いと思いますが大丈夫です!

もしかすると化粧品を使わないとベルブランを使う意味が無いかもれません

というのもベルブランはブースター型導入液と呼ばれる化粧品の種類で、ブースター型導入液を使用した後に使用する化粧品や美容液の浸透効果を高める効果があるからです。

ベルブランにも様々な成分が配合されており、ベルブランそのままでも

  • 色素沈着対策
  • シミ対策

といったニキビ後の対策として使えるのですが、その後に使用する化粧品の浸透効果を高めますので、後に使う化粧品の効果がポイントとなります。

つまり、ベルブランには化粧水は必須というわけですね!

 

化粧水は選び方が重要

ベルブランには化粧水が必須ということは分かったと思いますが、化粧品の選び方も重要です。

ここで間違った化粧水を選んでしまうと効果が無いどころか、

  • ニキビが悪化
  • 肌荒れ

といった事に悩まされるかもしれません。

ここでは化粧水の選び方を解説してきますね。

成分に合わせた化粧水の選び方

まず注意しておきたい成分がエタノールです。

エタノールは水分を蒸発させる特徴がある成分ですので、エタノール入の化粧水を肌に塗ってしまうと、肌の乾燥を招いてしまいます。肌の保湿成分がエタノールにより失われてしまうということです…

それとビタミンC誘導体が含まれている化粧水を選ぶことも重要です。

ビタミンC誘導体はターンオーバーの最適化をする効果がありますので、ニキビの改善には必須な成分です。

ニキビ(ニキビ跡)はターンオーバーがなければ改善しないからです。

またビタミンC誘導体は浸透力も高いので、化粧水に含まれるその他の成分を肌の奥深くまで送り込む効果があります。

自分の肌に合わせた化粧水の選び方

乾燥肌の方は保湿効果が高い化粧水を選ぶようにしましょう。
脂性肌の方は油分が少ない化粧水を選ぶようにしましょう。

また、セラミドが含まれている成分を選ぶもの効果的でしょう。

セラミドは油にも水にも馴染む特徴がありますので、乾燥肌でも脂性肌でも使える成分となりますよ。

ベルブランの口コミ|ニキビ跡にはどんな効果があるの?


ベルブランのコットンパックを使ったやり方を紹介

この記事ではベルブランコットンパックやり方を紹介します。

コットンパックを使うことにより、ベルブランのニキビ跡への効果を最大限に発揮することが可能です。

 

コットンパックのやり方

基本的には通常のコットンパックと工程は変わりません

日頃している化粧水のコットンパックの化粧水をベルブランに置き換えるだけでOKです。

用意するもの

  • ベルブラン
  • コットン
  • 精製水(必須

 

コットンパックのやり方

  1. コットンに精製水を染み込ませます。
  2. コットンにベルブランを染み込ませます。
  3. 顔全体にパックします。
  4. 3分間放置します。
  5. 剥がしてハンドプレスで肌に浸透させます。

以上がベルブランのコットンパックを使ったやり方になります。

 

コットンパックの頻度について

1日2回夜にだけ行って下さい。

肌の調子が悪いときにもコットンパックをしてください。

ベルブランを使い始めて初めの2週間は必ずコットンパックを使ったやり方をしてください。

2週間ですので、合計7回になりますね。

これらを続けることでベルブランのニキビに対する効果を最大限に発揮することが可能です。

 

精製水を使うのは何故?

最後にベルブランのコットンパックのやり方で精製水を使う理由を紹介します。

精製水は化粧水や水道水とは違い、不純物が全く入っていないんです。

「それがどうしたの?」

と思われる方も多いと思いますが、ニキビにはそういった不純物はNGです。肌には刺激となってしまうことが多いのです。

また精製水は肌へのなじみ(肌さわり)が良いのも特徴です。

そういった理由がありますのでベルブランのコットンパックを行う際は。必ず精製水を使用してください。

 

コットンパックと精製水はドラックストアや通販で数百円で購入出来ます。

数百円プラスするだけで効果が変わってきますのでぜひ試してみてくださいね!

もし購入するのにためらいがある方は、ベルブランを公式サイトで購入するとコットン20枚を無料でプレゼントしてくれますのでオススメです。

楽天やamazonで購入するのは危険ですからね…

ベルブランの口コミ|ニキビ跡にはどんな効果があるの?


ベルブランはイオン導入で効果を最大限に発揮できる!?

ベルブランの効果を最大限に発揮できる使い方はご存知ですか?

ベルブランはイオン導入をすることでベルブランを肌の奥深くまで浸透させることが出来ます。

ここではベルブランのイオン導入のやり方を紹介していきます。

 

ベルブラン&イオン導入のやり方

イオン導入のやり方は各イオン導入器の使い方によって異なります。

手でベルブランを顔に塗り、その上からイオン導入させる

という方法と

ベルブランを染み込ませたコットンをイオン導入させる

というやり方が主なイオン導入のやり方になります。

 

オイルを使用すると効果的と伝えているサイトがありますが、オイルは浸透を妨げる原因となりますので、ベルブランを塗った上からそのままイオン導入器を当ててください。

一度に導入しようとせず、じっくりと肌に当ててベルブランを肌奥まで浸透させていきます。

 

使用頻度は週1~2回が最適かと思います。

※やりすぎは肌を痛める可能性がありますので良くありません。

 

イオン導入をやるとどうなる?

そもそもイオン導入にはどんな効果があるのでしょうか?

イオン導入器というのはイオンの力を借りて美容成分を肌の奥深くまで浸透させる機械です。(美容成分はイオン導入器には含まれていません)

あくまでも肌に塗った化粧水を肌の奥深くまでの浸透させることが目的です。

イオン導入器は

  • シミやくすみ
  • そばかす
  • ニキビ

などに効果が高いと言われています。

 

イオン導入を使わないとどうなる?

逆にイオン導入を使わないとどんな悪いことが起こるのでしょうか?

わかりやすいように体の仕組みを解説してきますね。

人の肌というのはバリア機能が備わっています。(顔だけでなく足も体も全ての皮膚にバリア機能が備わっています)

しかし人の肌は優秀なのか劣等なのか、体にいい成分もバリアで弾いてしまうのです。

体内からならばうまく浸透するのですが、体外(皮膚)からは浸透しにくいのが人の肌の特徴です。

肌の有効な成分である”化粧水”なども弾いてしまうのです。

つまり、ベルブランを肌に塗ってもほとんどが弾いてしまうということになります…

ベルブランに限らず、どんなにいい化粧水を使っても体の仕組み上、弾いてしまうのは仕方ありません。

そこで使うのが”イオン導入“です。

イオンの力(電気の力)で体のバリア機能を弱めて肌の奥深くまで有効成分を浸透させることが出来るのです。

イオン導入と手で塗るのを比べると30~40倍の浸透の差がありますので、イオン導入は軽視出来ませんね…

 

ベルブランはイオン導入に効果的

イオン導入をしてはいけない美容液もあります。

それは香料や保存料が配合されている美容液や化粧水です。

これら成分が配合されているものを角層までイオン導入させてしまうと、肌荒れを起こす可能性があります。

しかしベルブランはそれら成分は一切入っていませんので安心してイオン導入させることが可能です。

  • 紫外線吸収剤
  • 動物性原料
  • 合成香料
  • タール系色素
  • パラベン
  • シリコン
  • 鉱物油

これら成分は一切入っていない無添加化粧品です。

 

ベルブランの口コミ|ニキビ跡にはどんな効果があるの?


あいびベルブランの使用方法「コットンパックの使い方がオススメ?」

この記事ではあいびベルブランの使用方法を紹介しています。

また、コットンパックを使った使い方をすることによってベルブランを効果的に浸透させることが可能です。

詳しく解説していきますので最後までご覧ください。

 

ベルブランの使用方法

1.洗顔

ベルブランを使う前に洗顔は必ずしてください。

メイクの汚れであったり、1日の皮脂汚れを落とす必要があります。

ここでしっかり汚れを落とさないとベルブランの浸透を妨げる可能性がありますので、日頃洗顔をしていない人もしっかりと洗顔をするようにしてください。

この時使う洗顔は普通の石鹸を使うと良いでしょう。

なぜ普通の石鹸が良いかというと、市販されている洗顔剤などは余計な成分が入っているからです。

  • アルコール
  • スクラブ
  • 界面活性剤

これらの成分が入っている洗顔剤は使用しないほうがいいかと思います。

特にニキビができている方は注意をしてください。ニキビが悪化する可能性があります。

 

2.ベルブランを使う

ベルブランを4プッシュまたは5プッシュ手に出してください。

手で軽く伸ばした後に顔全体に塗り込みます。

この時ハンドプレスをして浸透させると効果的です。

 

3.化粧水でケア

ここでいつも使っている化粧水でケアします。

ベルブランを先に使用する理由としましては、ベルブランは”ブースター型導入液”という化粧水だからです。

ブースター型導入液の特徴としましては、後に使う化粧水の角質層までの浸透効果を高めることに期待ができます。

逆にいうと、ここで化粧水を使わなければベルブランを使う意味がないということになりますね。

ベルブランと併用すると良い化粧水の選び方は別の記事で紹介します。

 

4.保湿

最後に乳液やクリームで保湿をします。

ここで保湿するというのは、ベルブランと化粧水に蓋をするという感覚で使用します。

保湿をしなければベルブランや化粧水が蒸発してしまうので必ず保湿をしてください。

また、オイリー肌や脂性肌の方も乳液を使用してください。オイリー肌だからといって保湿をしないと乾燥が進んでしまい、余計に皮脂が分泌され、毛穴詰まりの原因となってしまいます。

 

コットンパックを使った使い方

2日に1回の夜にコットンパックを使ったベルブランの使用法を実践するだけで、効果を最大限に発揮できます。

コットンパックのやり方は3ステップで終わります。

  1. 精製水をコットンに染み込ませる
  2. コットンにベルブランを染み込ませる
  3. コットンを顔全体に乗せてパック

パックの時間は3分間でOKです。

頻度は2日に1回だけでなく、肌荒れが酷い日のも行うと肌のコンディションがよくなるかと思いますよ。

 

ベルブランの口コミ|ニキビ跡にはどんな効果があるの?