ベルブランの特徴とは?本当にニキビ跡に効果があるの?

  • ベルブランってどんな特徴があるの?
  • 本当にニキビ跡に効果があるの?

と疑問を持つ方も多いかと思います。

ここではベルブランを初めて知る人に向けて、ベルブラン特徴を紹介しています。

ベルブランは美白効果が高い

ベルブランは美白効果が高い、美白美容液という特徴があります。

と言われてもピンとこないかと思いますので詳しく解説していきますね。

ヒトの皮膚には外からの菌を防ぐ機能を持っています。通常のように菌を防御してくれるだけで良いのですが、人間の意思で塗った化粧水や美容液といったものも防いでしまう、困った機能なんです。

化粧水や美容液をシミや色素沈着対策として塗ったとしても体が受けつけず、殆ど皮膚の内部に浸透していかないのです。

そうした理由からベルブランでは成分にこだわって作られています。

ベルブランの中心的成分を2つ紹介します。

  • 油溶性甘草エキス
  • トラネキサム酸

これら2つの成分があるからベルブランはニキビ跡に効果的と言われています。

※油溶性甘草エキスはナノ化して皮膚に入り込みやすいようになっています。

油溶性甘草エキスが皮膚に入り込みヒトの肌のバリア機能を突破します。油溶性甘草エキスが他の成分が浸透するための通り道をつくります。
その後トラネキサム酸が入り込みニキビ跡やシミに効果を与えます。

ブースター型導入液(ベルブラン)といわれる美容液はこのような仕組みで効果を与えています。

ブースター型導入液(ベルブラン)は単体でも効果に期待ができますが、油溶性甘草エキスが成分が浸透しやすい道を作ってくれているわけですから、その後に使う化粧水の浸透効果を高めることが可能になる特徴もあります。

ベルブランは肌に優しい成分で作られてる

ベルブランは肌に優しい特徴があります。

といいますのもベルブランには肌に優しい成分しか配合されていないんです。

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • コラーゲン

など、保湿効果が高く乾燥に強い成分が多く配合されています。

ニキビに一番悪い環境は乾燥ですからね…

またベルブランは無添加成分しか使っていないという特徴があります。

敏感肌の方でしたら添加成分が多く含まれている化粧水を使い「肌に合わない…」と悩まされていませんか?

ベルブランは肌に刺激のある添加成分は一切含まれていせんので敏感肌の方や肌荒れに悩まされている方でも使うことができるかと思います。

あいびベルブランの使用方法「コットンパックの使い方がオススメ?」

ベルブランの口コミ|ニキビ跡にはどんな効果があるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする