ベルブランは化粧水を使わないと効果なし?

ベルブランはブースター型美容液といわれる種類で、通常の化粧品の使い方と異なるのが特徴です。

化粧水を併用しなければ効果がないかもしれませんよ?

ベルブランを使うなら化粧水が必須な理由

ベルブランを使うなら化粧水を使うことをオススメします。

  • 化粧水を併用しても大丈夫なの?

と思われる方も多いと思いますが大丈夫です!

もしかすると化粧品を使わないとベルブランを使う意味が無いかもれません

というのもベルブランはブースター型導入液と呼ばれる化粧品の種類で、ブースター型導入液を使用した後に使用する化粧品や美容液の浸透効果を高める効果があるからです。

ベルブランにも様々な成分が配合されており、ベルブランそのままでも

  • 色素沈着対策
  • シミ対策

といったニキビ後の対策として使えるのですが、その後に使用する化粧品の浸透効果を高めますので、後に使う化粧品の効果がポイントとなります。

つまり、ベルブランには化粧水は必須というわけですね!

化粧水は選び方が重要

ベルブランには化粧水が必須ということは分かったと思いますが、化粧品の選び方も重要です。

ここで間違った化粧水を選んでしまうと効果が無いどころか、

  • ニキビが悪化
  • 肌荒れ

といった事に悩まされるかもしれません。

ここでは化粧水の選び方を解説してきますね。

成分に合わせた化粧水の選び方

まず注意しておきたい成分がエタノールです。

エタノールは水分を蒸発させる特徴がある成分ですので、エタノール入の化粧水を肌に塗ってしまうと、肌の乾燥を招いてしまいます。肌の保湿成分がエタノールにより失われてしまうということです…

それとビタミンC誘導体が含まれている化粧水を選ぶことも重要です。

ビタミンC誘導体はターンオーバーの最適化をする効果がありますので、ニキビの改善には必須な成分です。

ニキビ(ニキビ跡)はターンオーバーがなければ改善しないからです。

またビタミンC誘導体は浸透力も高いので、化粧水に含まれるその他の成分を肌の奥深くまで送り込む効果があります。

自分の肌に合わせた化粧水の選び方

乾燥肌の方は保湿効果が高い化粧水を選ぶようにしましょう。
脂性肌の方は油分が少ない化粧水を選ぶようにしましょう。

また、セラミドが含まれている成分を選ぶもの効果的でしょう。

セラミドは油にも水にも馴染む特徴がありますので、乾燥肌でも脂性肌でも使える成分となりますよ。

ベルブランの口コミ|ニキビ跡にはどんな効果があるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする